芸能人から学ぶおすすめダイエット法

テレビや雑誌で目にする芸能人は、すらっとしたスタイルで健康的な美しさを保っています。

中には過去に太っていた方、激太りなどと言われたことがある方もいます。

芸能人の方がどのようなダイエット方法で痩せたり、体型を維持したりしているのか芸能人の方がオススメしているダイエット方法をまとめてみました。

運動と食事制限

ダレノガレ明美さん

f:id:yuichandesu:20171108232936j:plain

現在は、とてもほっそりとした体型のダレノガレ明美さんですが、過去には現在よりも20キロも太っていたことがあるそうです。

彼女が20キロものダイエットに成功した方法は、運動と食事制限を組み合わせたものです。

1日1時間以上のウォーキング、プールで100メートル泳ぐ・歩く・100メートル泳ぐ、の繰り返しを1時間30分続けていたそうです。

食事は、朝に黒ゴマバナナ豆乳ジュース、お昼は好きなものを食べる、夜は炭水化物を抜き、野菜やおかずのみを食べるというやり方でした。

1日1時間のウォーキングや1時間30分のプールでの運動は、人によってはなかなか時間がとれず難しい場合もあります。

ただ、通学や通勤の際に1駅手前で降りたり、意識して階段を使ったりなど、歩く機会を増やすことは出来そうです。

また、水中でのウォーキングは水圧がかかるため、陸上でのウォーキングよりも筋肉に負荷がかかり、かつ浮力が働くために関節には負担がかかりにくいという、ダイエットに最適の運動です。

食事に関しても、ストイックすぎる食事制限は体への負担も大きく、また精神的なストレスも加わります。

ダレノガレ明美さんの食事制限は、無理をしないで取り組める食事方法なので、気軽に取り入れることができそうです。

また、チョコレートやクッキーなどの甘いものも週に2回は食べていたそうです。

ジムに行く前や朝など、食べるタイミングを考えて自分にご褒美をあげていたということも、無理せずダイエットを続けられた秘訣かもしれません。

石原さとみさん

f:id:yuichandesu:20171108233425j:plain

ドラマやCMで大活躍の石原さとみさんですが、以前は今よりも少しふっくらとした印象がありました。

食事のとり方に気を付け、適度な運動を取り入れることでダイエットを成功させ、現在もスリムな体型をキープしているとのことです。

まず、食事は野菜を中心とした和食を心がけ、よく噛んで食べるようにしているそうです。よく噛むことは満腹中枢を刺激することになます。

満腹中枢が満腹だと感じるためには、食事を摂り始めてから20分ほどの時間が必要になります。

そのため、よく噛んで時間をかけて食事をすることは、食べすぎを防ぐ効果があります。

また、よく噛むことで代謝を上げる効果や、口を動かすことでフェイスラインがすっきりするなどの効果もあります。

良いこと尽くしのよく噛むダイエット法なら、今日からでも気軽に始めることができそうです。

石原さとみさんは、このよく噛む方法に加え、ホットヨガ加圧トレーニングを行っていたようです。

どちらも体を温めることで代謝を促進し、ゆがんだ姿勢の矯正や適度な筋肉をつけることができ、ダイエットにも美しいスタイル作りにも効果があります。

18時以降食べないダイエット

西野カナさん

f:id:yuichandesu:20171108233453j:plain

若い世代の女性に絶大な支持を誇る西野カナさんですが、一時期太ってしまったことがあります。

しかし、その後7キロものダイエットに成功し、現在もスリムな体系を維持しています。

西野カナさんが行ったダイエット法とは、18時以降は何も口にしないというものです。

夜遅い時間に食事を摂ると、体に脂肪がつきやすいと言われています。そのため、18時までにその日の食事を終え、それ以降はカロリーのあるものは摂取しないというやり方です。

また、お菓子や甘いものが大好きだったいう西野カナさんは、間食も一切とらないようにしたそうです。

運動は、週に3日ほど無理のない範囲でジョギングを行ったそうです。

18時以降の食事を止めるダイエット方法は、歌手の倖田來未さんも実践したことがあり話題となりました。

この18時以降に食べないダイエットは、適度な運動と組み合わせることでより効果が表れやすくなるようです。

白湯を飲む

深田恭子さん

f:id:yuichandesu:20171109200531j:plain

以前はぽっちゃりした印象が強かった深田恭子さんですが、ここ最近は痩せてスリムになった印象が強い一人です。

自身でも太りやすい体質だと雑誌のインタビューに答えていたこともあります。

そんな深田恭子さんが実践したダイエットの中で特徴的なものは白湯を飲むというものです。

それまで甘いジュースが好きだったという深田恭子さんは、ジュースに代えて水を一度沸騰させた後に冷ました白湯を飲むようにしたそうです。

温かい状態のお湯である白湯は、身体を温める効果があり、身体の代謝を上げてダイエットにつながると言われています。

また、白湯を飲むことは、便秘の解消や、冷え性が改善されるなど健康に良い効果も期待できます。

深田恭子さんはこの白湯を飲むダイエット法の他に、ダンスエクササイズを取り入れて、トレーナーの指導を受けて適度な運動を続けていたようです。

白湯で代謝を上げた後に、運動をするとさらなるダイエット効果が期待できそうです。

ダイエット中はどのくらい体重が減ったかということを気にしてしまいがちですが、深田恭子さんは、体重を落とすということよりも美しい体型となることを重視していたようです。

自宅の鏡の前で全裸になり、今の自分の体型を認識しながら、エクササイズを行っていたそうです。

白湯ダイエットはお水を沸かして飲むだけなので、簡単に取り入れることができます。

また自分の姿を鏡で見るということも、自分をいましめる自戒の意味も込めて理想の体型を目指す際にはダイエットに効果的な方法だと言えます。

炭水化物を控える

ペコさん

f:id:yuichandesu:20171108233552j:plain

最近、タレントのりゅうちぇるさんと結婚し話題となったペコさんは、雑誌の読者モデルとして活躍していましたが、一時期は体重がかなり増えてしまっていたそうです。

しかし、ダイエットを行い、見違えるほどスリムな体型になりました。

ペコさんが行ったのは、19時以降は食べないこと、炭水化物は取らないこと、体重と食事を毎日記録する、脚のマッサージを行うなどのダイエット方法です。

大好きだったお米やスナック菓子などの炭水化物を制限し、代わりにお肉やお豆腐などのタンパク質や野菜を我慢せずに食べていたそうです。

また、毎日の体重とその日に食べたものを細かく記録するアプリを利用したレコーディングダイエットも行い、適度な運動も心がけジムのランニングマシーンを使ってのウォーキングを実行したそうです。

ペコさんは、8キロのダイエットに成功した後に、ダイエットは一瞬で痩せようとは思わずに、焦らずゆっくり地道に痩せることが大切だと経験を振り返った発言をしています。

www.dietissue.info

一食置き換えダイエット

浜田ブリトニーさん

漫画家やタレントとして活躍する浜田ブリトニーさんは、以前はぽっちゃりとした体型でしたが、体重を10キロ以上落とし、スレンダーな体型となり話題を集めました。

浜田ブリトニーさんは、朝食を酵素ドリンクに置き換えるダイエットを行いました。

酵素ドリンクは、酵素の働きで代謝がアップし、ダイエットに効果的だと言われています。

朝は酵素ドリンクに置き換え、昼と夜の食事も野菜を中心のものにして、一日の摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように気を付けていたそうです。

日々の食事の内容や体重を記録していくことも大切だとしています。記録することで、自分が思っていたよりも食べすぎていることなどを知ることができるようになるそうです。

まとめ

ダイエットに成功した芸能人の皆さんが心がけていたことは、ダイエットの基本である食事制限運動でした。

断食などの過激な食事制限ではなく、必要な栄養素やカロリーは摂取し、無理のない範囲でのダイエットを実践されていました。

同時に、代謝をアップさせてカロリーを消費する、軽い運動を取り入れている方も多いようです。

芸能人おすすめのダイエット法は、成功例として痩せてきれいになった芸能人の姿を目標とすることができ、取り組みやすいダイエット法になるのではないでしょうか。

広告を非表示にする